スポンサーリンク

御堂筋線 LCD 新作は梅田から江坂

2018年12月1日最新動画

御堂筋線LCD梅田

最難関の梅田から撮影


撮影で一番大切なことは、まわりの乗客や乗務員に絶対に迷惑をかけないこと。そういう意味で、梅田での撮影はとてもタイミングが難しいのです。

今回は幸運にもチャンスに恵まれて、撮影に成功することができました。

こちらです→「大阪メトロ 御堂筋線 梅田 → 江坂 LCD」。

江坂は遠いよ


梅田、中津、と右側のドアが開き、西中島南方は左、新大阪ではまた右側が開き、東三国、江坂も右側。

こう見ると、左側のドアにいたほうが撮影しやすいのは自明です。ところが、人が出入りするところは、すきまもできやすいので、ドアが開く側にポジショニングしてしまうことが多いのです。

そして今回も、例に漏れず右側で撮影を始めてしまいましたので、何度も扉が開き、そのたびに、人をよけ、かわし、しかも元の位置に戻るという至難の業をやりとげなくてはなりません。

梅田から江坂とはいえ、”遠い”のです。

江坂駅名標

見事に江坂に到着


難関を乗り越え見事、江坂についた時には、この季節とはいえ額に汗がにじんでいました。

いったん改札を出て今度は江坂からなかもず方面の前面展望を撮りたい、と私は決意を固めていました。

江坂から時間の許す限り前面展望を撮り続ければ、きっと”いい動画”になる。そう確信していました。

ところが、江坂から先頭車両に乗り込んで前面展望を撮るのは、さらに難易度が高いのです。

たとえ平日の昼過ぎであったとしても、江坂のホームは常ににぎわっている。そのあたりの私の認識はずいぶん甘かったと言わざるを得ません。

果たして、江坂から前面展望は撮れたのでしょうか? 乞うご期待!

<<撮りました→「御堂筋線 先頭車両 江坂から撮りました!」>>

まとめ


御堂筋線の撮影は容易ではありません。そのことを改めて実感しました。

しかし私は、マナーを大事にしつつも、新しい動画作りの挑戦を続けたい。

そんな私の動画をこれからもどうぞよろしくお願いいたします。