スポンサーリンク

行ってきました Osaka Metro フェスティバル!【2018年】

2019年11月5日Osaka Metro 情報

家族みんなで初めての緑木


11月18日、今日「Osaka Metro フェスティバル」に家族みんなで行ってきました。

すごくいい天気! お昼は暑いぐらいで私も上着を脱ぎました。

うわさの廃車部品の販売はすごいことになっていました。どうやって持って帰るのかわからないようなものも、みなさん大事にかかえていらっしゃいました。

1000円のマルコマークは欲しかったなー。やっぱり。それだけは悔やまれます。

とまあ、家族を連れていることもあり、なかなか自由にはできませんでしたが、私なりに楽しんできました。

圧巻の車体吊り上げ作業


中でも北検修棟で行われていた、車体吊り上げ作業実演は強烈なインパクトがありました。

鉄道ファンから足を洗った息子も、これには興奮していました。

普段見られない角度から車体を見ると、思わず「おおっ」と声が出てしまいます。

↑これもそうですね。このような姿が見られるとは思いませんでした。

もう一つ息子の心をときめかせたのが、「運転席パネルで君も運転士」コーナー。

長堀鶴見緑地線を運転する気分を味わえる装置で、相当楽しそうでした。

これは私もやってみたかったのですが、小学生未満限定なので見てるだけ。

鉄道ファンをやめたはずの息子も、「運転士やってみてみてもいいかな」とちょっと鉄道に心が動いたようでした。やらせてみて、とてもよかったです。

まとめ


朝から夕方までいられればよかったのですが、家族連れだと思うようにならず。しかも予算が許さず、たいした戦利品もありません。が、よい思い出になりました。

やっぱり好きなもの同士で、あーだ、こーだ、言いながら見て回るのがよさそうですね。それと自由になるお金も必要です。

それはそうと、シオン の人たちが着ていた↓のジャケット。すごく着てみたい。