【2018.3.31】大阪市営地下鉄 最後の日の動画

ピックアップ人気動画

大阪市営地下鉄、最後の日に


2018年3月31日と言えば、大阪市営地下鉄の最後の日。

その夜、私は長堀鶴見緑地線の終電を見届けようと、大正駅にきておりました。

いったん、門真南行きの最終電車で西長堀まで行って、そこから、大正まで引き返しました。

そこで撮影したのが「【最後の終電】大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線 西長堀 → 大正 最終列車 2018.3.31深夜 撮影」です。

なんのセレモニーもなく、車掌の挨拶もなく、淡々と終えていく最後の終電。明日からは、また淡々と Osaka Metro として運行が始まる。お別れとはいえ、感傷にはひたらない。こういうものなのかもなと思いつつ動画を編集しました。

再生回数がその日のうちに


淡々とした動画ではありましたが、4月1日にアップすると途端に再生されだし、あっというまに100回を超え、200回を超え、その日のうちに300回を超えました。大阪メトロチャンネルの平均値は初日に60回ぐらいで、24時間以内に100回を超えると回っているほうです。

現在では1500回近くまで再生されていて、今も毎日再生されています。関連動画からの流入が多く、当チャンネルではめずらしく他チャンネルからの流入で再生されているようです。あとは、グーグルからの検索も多いようです。

もう一つの人気動画


同じ日に撮影した人気動画がもう一つあります。

【大阪市営地下鉄 → 大阪メトロ】ドーム前千代崎 駅 看板 差し替え」と言う動画で、こちらは終電を撮りおえた大正駅からでて、なんとなくふらふらとしていたときに、たまたま出くわした場面を撮影したものです。

ドーム前千代崎の大きな看板が、大阪市営地下鉄のデザインから大阪メトロのデザインへと変わる瞬間をとらえていて、我ながら「よくこんなの撮れたな」と驚いてしまう内容です。

こちらも再生回数が1000回近くまで回っていて、少なくはありますが、こちらも毎日ちょっとずつ再生されています。

こちらはYouTube検索が上位で、あとはグーグルからの検索が多いようです。

まとめ


このような歴史的なシーンに立会い、そして動画を撮影していた私。にわかものの私としては、数年前には想像できなかった姿です。

しかし、そのような人間が、こうして大事な瞬間を後世に残すことができているのですから、鉄道ファンとして少しは存在価値があるのかもと、ほんの少しだけ自画自賛しております。

もしよろしければ、動画をご覧いただき、チャンネル登録、高評価、コメントなどしていただけますと幸いです。

クリックお願いします!

人気ブログランキング