スポンサーリンク

人気再生リスト「車掌の車窓から」シリーズを紹介します

2019年4月13日ピックアップ人気動画

人気再生リスト「車掌の車窓から」とは


根強い人気を誇っているのが「車掌の車窓から」シリーズです。

「車掌の車窓から」は、ワンマン運転(もしくは無人)を狙って、最後部での撮影に挑んだシリーズです。ホームがどんどん遠ざかっていくなど、先頭車両の前面展望とは違った趣のある動画となっています。

本当は、すべての路線で撮影できればいいのですが、どうしても乗務中の車掌さんのジャマになってしまうので、ワンマン(または無人)以外の路線ではチャンスがあってもなかなか撮影を実行できないところです。

伸びてきた再生回数


特に「千日前線 野田阪神 →  南巽」は、公開してからずいぶん時間が経ちますが、いまだに48時間内で数十回再生されています。

普通、投稿した動画は最初が一番回ります。それが急速に下降線をたどり、何週間か経てばほとんど再生されなくなるのが、Osaka Metro Channel の標準です。

ところが、この動画に関しては、むしろ最近は視聴回数が増加傾向にあるという不思議な現象が起こっています。このシリーズは、まだまだ再生が伸びる可能性があるのです。

やりのこしたこと


このシリーズで一つやり残したことがあります。それは、長堀鶴見緑地線編の動画が、やや中途半端になっていて、そのまま放置されていることです。

そのうちの「京橋 → 心斎橋」は、もうじき再生回数1000回を突破する勢いですが、もうひとつの「ドーム前千代崎 → 京橋」は400回程度と振るいません。

この中途半端感を脱するために、いつか「大正 → 門真南」「門真南 → 大正」を完全ノーカットでアップできたらな、と思っています。京橋や心斎橋、およびドーム前千代崎を含むうえに、30分以上の撮影になるのでそれなりに難易度は高くなりますが、挑戦するべきだと考えています。<アップしました!

長い動画に”脈”があるか


加えて「今里筋線 今里 → 井高野」も再生回数、再生時間ともに好成績です。

どれも20分を超える動画だということが、もしかしたら好まれている理由かもしれません。ひたすら地下鉄車内の音が聞こえ続けるという環境を欲している方がいるのではないでしょうか。

まとめ


当チャンネルでは、こうした長尺の動画と、インパクトのある数分単位の短い動画の両方をバランスよく提供できるように努めています。お気に入りの動画がありましたら、ぜひチャンネル登録、高評価、コメントなどで教えていただけますと幸いです。