スポンサーリンク

初心者YouTuberが手に入れておいた方がいい機材とは

動画投稿のススメ

本当に必要なものはどれ?


前回は「鉄道ファンはスマホでどこまでやれるか」で、鉄道ファンのみならず、あらゆるネット上の活動について、”スマホだけ”ユーザーの可能性を示しました。まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください。

さて、ネットを叩けば、いくらでもアプリや機材の情報はでてきます。

これも買ったほうがいい。あれもあったほうがいい。

初心者YouTuberのみなさんは、あれこれ検索したあげく、結局どれを買えばいいかわからなくなっていることでしょう。でも、それらの情報は本当に実際に使っている人の声をいかしたものになっているでしょうか?

ここで情報を得ようという方は、おそらく本当に必要最小限の「これだけはないとダメ」という、核心の情報が欲しいはずです。

では、初心者YouTuberに必要な機材ってなんでしょうか?

三脚ですか? 照明ですか? マイクですか?

答えましょう。何も買わないでください

はっきり言います。私は、ここに来てくれた方がなんらかの商品を購入することで利益を得ようという魂胆でこの記事を書いているわけではありません。

スマホひとつで勝負しましょう。現に私はスマホしか使いません。

今、必要なものはスマホだけ


私だって三脚も買いましたし、広角レンズ、望遠レンズも持っていますが、YouTuberとしての活動では一切使っていません。

照明を使った方がいい場合があることは認めます。マイクがあったほうが、よりいいのもわかります。しかし、「なくてもできる」ということは声を大にして言いたい。

あなたはこれからYouTuberになろうという人です。むちゃくちゃ大物になる可能性もありますし、どこかで挫折してしまうかもしれません。そんなスタートラインのときに、もしかするとオーバースペックかもしれない機材を購入する必要があるでしょうか?

品質が高ければ人気が出るの?


実際に撮影して編集して、それでやっぱり不満が出てきた。というときに何か買うのも待ってください。それで本当に再生回数は増えますか? コメントはつきますか? 高評価してもらえますか?

答えは否です。

もちろんあらゆる面において高品質の動画を作ることは素晴らしいことです。お金に余裕がありすぎて、気軽にできるならやったほうがいい。それでダメでも気持ちの整理がつくでしょう。

お金と時間をつぎ込めば、テレビ並みの品質の動画を作ることは可能です。でもそれが面白い動画でしょうか?

機材が欲しけりゃ動画で儲ける


動画の面白さは企画の面白さであり、出演者の人としての面白さであり、結果の面白さです。

トップYouTuberによる、面白さがぎゅうぎゅうに詰まった動画が、高品質で作られていることは事実です。しかし、初心者が作る面白さの中身のない動画が高品質で作られていても、そこにはなんの意味もありません。

逆に、めちゃくちゃ楽しい天才的な企画をベースに、相当面白いあなた自身によって、最高に笑える結果を生み出すのなら、その動画の品質が少し悪いことが何の足かせになりますでしょうか。

きっとあなたの動画はすぐに人気が出て、次々にヒットを連発し、高品質の機材をいくらでも買える利益を得るでしょう。機材を揃えるのはそのときでいいじゃありませんか。

まとめ


私は「形から入るタイプ」とよく言われます。スポーツを始めるときでも、いろいろとモノを揃えてからはじめたくなるのです。

だからよくわかります。YouTubeを始める以上、やっぱり必要最低限のものは買っておかなきゃという心理。

しかし、本当に必要なものは面白い企画であろうと思います。動画を作り続けられる豊かな発想だと思います。どんなに手ごたえがなくても続けられる自信だと思います。どうか、機材に頼らず自分の能力を磨いてください。

ということで、スマホ以外になにか道具を買うのはいったんやめましょう。どうしても、何が何でも、それがないと撮影にならない、というものだけ買ってください。

その覚悟ができたら、後日公開する次のステップ「初心者YouTuberが手に入れておいた方がいいスマホアプリ」に進んでください。

クリックお願いします!

人気ブログランキング