スポンサーリンク

チャンネル登録者数1000人を目指す人へ

2019年4月13日動画投稿のススメ

チャンネル登録者数が増加

昨年のチャンネル登録者数


タイトルを「チャンネル登録者1000人を目指す人へ」としました。

一番言いたいことを一番最初に書いておきます。

あきらめないでください。

困難な道にちがいありませんが、1000人はあきらめなければ達成できる目標です。

そもそも大阪メトロチャンネルの2017年12月のチャンネル登録者数は100人にも満たない状態でした。

それまでチャンネル登録者数を増やそうともしていなかったわけですが、それでも少し動画に広告がついたりして、それなりに楽しんでおりました。

ところが、2018年2月のYouTubeの新基準導入により、私の目標はチャンネル登録者数1000人となり、そこからチャンネル登録者数を増やすための活動をはじめました。

100倍の努力

100倍の努力


チャンネル登録者数を増やすために私がひたすらやったことは、

1、コンスタントでハイレベルな動画投稿を目指す

2、関連チャンネルへ訪問し動画を見まくる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3、SNSを利用した宣伝活動

の3つです。私の中で比重の重い順にならべています。

むろん大事なのは点線より上です。

地味な活動ですが、ひたすらこれをやりました。

特に1については、それまでの漫然とした工夫のない動画作りをやめて、編集にかける時間を大幅に増やし、動画の中でもチャンネル登録を呼びかけるなど、これまでの100倍の努力をしました。

100倍の努力をして、ようやく10倍の結果です。

それでも確実に着実に数字を重ねることができたのは、目標があったからですね。明確な目標は人間を強くします。

SNSについては、特にツイッターを強化しました。フェイスブックもインスタグラムもやりましたが、ツイッターは3500ほどのフォローを集めましたので、それなりに意味のある形になりました。

しかし、いくらツイッターのフォロワーを集めて動画を宣伝したところで、肝心の動画がつまらなければ意味がありません。

私の動画はつまらない。でも、つまらないなりに洗練されている動画を目指した方がいい。そう考えました。

いきなり全部はできません

いきなり全部はできません


ただ、編集がうまい人の動画を見れば、すぐそれがマネできるかといえばそうではありません。

レベルの高い動画を見ることで、自分ならどうするか。自分のスキルならどこまでできるか。という自問自答を繰り返す中で、ちょっとずつ、できることが増えていくのだと思います。

私の場合、編集についての知識もスキルもほぼ何もなかったので、手探りで「もっとかっこよく」「もっと見栄え良く」と考えて、ちょっとずつ、やり方を変えながら自分のスタイルを作りました。

自分のスタイルができるまでは、試行錯誤ばかりで何度も動画を作り直したりして、腕を磨きました。今でもまだまだ下手クソですが、うまくなろうと思って努力したので、自分に力がついてきたことは自分が一番知っています。

自分のスタイルがある程度固まってくると、それをブラッシュアップしていく感じになりますので、編集時間は短く、考える時間は長くなります。

あれもやりたい、これもやりたい、となってしまうと、あれもできない、これもできない、となって結果やめてしまいますので、一つずつ、ちょっとずつ、やれることを増やしましょう。

本気になれば

本気になれば、増える


チャンネル登録者数はクリエイターの本気度が反映された数字なのかもしれない、と思っています。

もちろん私の経験からの推測に過ぎず、当てはまらない事例はいくらでもあると思いますが、少なくとも「本気でないクリエイターのチャンネルに登録する人は”まれ”である」ということは真理ではないでしょうか。

自分としては一生懸命やっているつもりだとしても、それを持って“本気”だとは言えません。

では、何を持って本気を計るか?

それは、視聴者さんにとっての満足度をあげることに本気になっているかどうかです。

視聴者さんの目はとても肥えています。どの程度肥えているかは、ほかのクリエイターの動画を見ればわかります。

このレベルの動画を見ている人たちなら、自分の動画はどのように見られるだろうか。

この視点はとても重要です。

私の場合、2018年3月にチャンネル登録者数を100にしたあと、そこから約5か月で1000まで引き上げることができました。

目標達成

収益化はまだですが


4000時間も達成していますが、収益化はまだ完了していません。現在、審査中です。

<<審査終わりました→【収益化】YouTube”大阪メトロチャンネル”に再び広告が>>

私の2018年内の目標はチャンネル登録者数1200です。

この目標は、つい最近ようやく達成することができましたので、今は次の目標に向けて再スタートしています。

ずばり、2019年の目標はチャンネル登録者数1600です。

2018年は1000人達成したあと、いろいろあって200人増やすのに5ヶ月かかりましたので、同程度に半年でプラス200、もう半年でプラス200という設定です。一か月単位で言えば、33人の増加です。

私的には決して少ない数字ではなく、高い目標だと感じています。要するにそれに値する努力をしなければ、絵に描いた餅に過ぎないからです。

もちろん、来年になったら一か月ごとに目標を見直すことになると思いますが、今の思いとしてはそのような感じです。

まとめ


チャンネル登録者数1000人を目指す人は、1000人の登録者を集められるだけの努力をしなければなりません。

特別な知名度があるわけでもなく、天才的な発想もなければ、軽妙で楽しいトークができるわけでもない。お金をふんだんにかけられるわけでもないし、時間も限られている。そんな底辺YouTuberに必要なのは、ありえないぐらいの超幸運とそれを呼び込むだけの努力です。

必要な努力もなくしてはチャンスはありません。

品質の高い動画を目指しましょう。あきらめなければ、登録者は後から付いてきます。

クリックお願いします!

人気ブログランキング