本当にスマホだけでYouTuberになれる?

動画投稿のススメ

YouTuberが動画をアップするまでにやっていること


前回は「YouTubeを始めるために絶対必要な3つのもの」ということで、YouTuberになるための一番最初のステップを確認しました。もし読んでいない方はぜひご覧ください。

今回は、はたして、スマートフォンだけでYouTuberになれるのか。それを考えてまいります。

さて、スマートフォンだけで何ができるかを考える前に、YouTuberが動画をアップするまでに何をしなければならないかを洗い出しておきましょう。

0.企画

撮影の前に何を撮るのかを考えます。この企画のできが動画のできだと考えた方がいいでしょう。

1.撮影

当然、動画や画像を撮るという行為が必要です。撮影で得た素材を組み合わせて動画を作ります。

2.編集

編集とひと言でいってしまうと実感がわきにくいのですが、動画を切り貼りするだけでなく、動画と動画のつなぎ方、拡大や縮小、トリミング、速度の変更、モザイクなどの加工、字幕やタイトルなどの文字入れ、それらのアニメーション、さらに音楽や効果音の挿入、などと多岐にわたります。

3.サムネイル画像の作成

YouTubeにアップするだけで自動で作ってくれるサムネイルもありますが、YouTuberがそのまま使うことはあまりありませんね。自前のサムネイルを差し込むのが普通です。動画から画像を切り出して、文字を載せたりする画像編集が必要になります。

4.アップロード

動画をYouTubeに登録する必要があります。

5.タイトルや説明分などの基礎情報の入力

動画についての情報をYouTubeに入力する必要があります。

6.公開設定

動画をいつ公開するのか、みんなに公開するか限定公開かを選びます。

スマホでも十分戦える


動画投稿までにやるべきことはざっとこんな所ですが、スマートフォンでは無理、なところってありますでしょうか?

撮影にしたって編集にしたって、それは高級なカメラやPCでやったほうがいいに決まってます。上を見ればきりがありません。でも、まず今ある環境で、できるだけお金をかけずにやろうと思えば、スマホでも十分戦えるのです。

必要なのは技術です


スマホだけだと大きく差を付けられてしまうのは、「撮影」「編集」「サムネイルの作成」についてです。

しかしこれらは技術もかなり必要です。逆に言えば高級なスペックを持つ機材を持っていたとしても、それなりの技術がなければ無用の長物。高級マシンを買うのは、スマホでしっかりと技術を蓄えてからでも遅くありません。

まずは始めることが大事なのです。

まとめ


本稿はスマートフォンだけでYouTuberになれるかという疑問から始まりました。

結論は可能です。

「ある程度の技術」があればスマホを使いこなしてYouTuberになることはできます。しかし「ある程度の技術」などというものは、実際に動画をいくつも作っていく中で身につくものです。

はじめから「ある程度の技術」を持つ人はいないのだから、要するにスマホさえ持っていればYouTubeは誰にでも始めることができるのです。(※13歳未満の方は無理です)

スマホ、持ってますよね。それでは、次のステップ「鉄道ファンはスマホでどこまでやれるか」をご覧下さい。

クリックお願いします!

人気ブログランキング