スポンサーリンク

初心者YouTuberが手に入れておいた方がいいスマホアプリ

動画投稿のススメ

アプリなしでは難しい


前回「初心者YouTuberが手に入れておいた方がいい機材とは」では、YouTubeを始めるにあたって、スマホ一つで始めることを決意し、プラスアルファの機材を買わないでおこう、という話をしました。まだ読んでいない、という方はぜひ読んでください。

しかし、スマホ一つとはいっても、アプリは必要なものをそろえた方がいいと思います。スマホに最初から入っている標準アプリも悪くありませんが、それだけではやっぱりしんどいです。

「標準アプリ以外は使わないで動画をあげてください」と言われたら、私は降参します。できればここで紹介するアプリはダウンロードを検討してください。

あれもこれもダウンロードしない


ネット上には、こんなアプリがあるよ、これもいいよ、という情報があふれています。たしかによさそうだからといって、それらを全部使ってみることはおすすめしません。

私の考えはこうです。どんなアプリにも一長一短があります。だから、まずは一つのアプリを極めてみてください。そうすれば自分に本当に必要なアプリがわかってくるからです。

いいアプリを使って熟練度を上げ、使いこなせるようになってから、こんな機能が欲しいとか、あんなことができるようにとか、考えましょう。

私が使っているアプリを公開します


自分が使いこなしてもないアプリをおすすめするのは、ちょっと違うと思うので、ここでは私がよく知っているアプリを紹介します。

私はiPhoneユーザーなので、申し訳ありませんが、アンドロイドのアプリを“使いこなした”経験がありません。「噂を聞いた」という程度でアプリをおすすめしたくはないので、本稿は今のところiPhoneユーザー向けとさせていただきます。

必須アプリ「YouTube Studio」

これがないと始まりません。スマホだけYouTuberになるなら絶対必要なアプリです。スマホ上で、Youtubeアカウントの管理ができ、統計情報の確認やコメントの確認・返信などもできます。

リアルタイムで、どの動画がどれぐらい見られているかチェックできるので、これらの情報をもとに常にPDCAサイクルを回すことができます。

便利アプリ「YTCount-Subscriber Count」

Premiumにアップグレードするのに240円かかりますが、課金しなくてもいいと思います。

最新のチャンネル登録者数を3アカウントまで(無料版)調べることができます。また日ごとの再生回数が確認できますので、例えばライバルの再生回数をチェックすることもできます。ちなみに私はサブ垢に割り当てています。

編集アプリ「Perfect Video」

無料版もありますが、使い物になりません。Pro版にアップグレードするのに600円課金する必要があります。が、しかし、たったの600円です。

私は仕事の都合で「PowerDirector」という数万円するPC用ソフトを使っていますが、正直言ってスマホで簡単に編集できる「Perfect Video」の方が素早く編集できる自信があります。

編集は結局のところ、自分の思うように編集できることが大事で、凝った編集をきめ細かくできることはそれほど重要ではないと思います。こうしたいのに、どんなに頑張ってもそうはならない、というのが一番の悲劇です。

その点「Perfect Video」だと、やりたいことが簡単にできるし、逆にできないことを探す方が難しいぐらいです。

初心者が動画編集を学ぶなら、まずはこの「Perfect Video」を使いこなせるようになるのが一番いいと思います。おすすめです。

画像編集ソフト「アイビスペイント」

有料版720円ですが、無料版でも文句なく使えます。はっきり言ってこれが使えるなら、ほかの画像編集系ソフトは何もいりません。

主に動画のサムネイルや冒頭のタイトルなどをこのアプリで作っています。私が使っている程度のことなら、小難しい勉強をしなくても、やりたいことはやれます。

読み上げアプリ「ゆっくり棒読みトーク」

ゆっくり動画を作るなら必要になるでしょう。

必要な人用「Mobile VOCALOID Editor」

4800円しますが神アプリです。“スマホだけ”の究極形ですね。

歌ってみたなど録音に「Feedback Recorder」

音を聞きながら録音できます。楽器の演奏や歌など以外にも用途があるかも。

まずはやってみる! それからです


たったこれだけです。とりあえず初心者がYouTubeを始めるにあたって必要なものなんて、こんなもんです。

思ったよりハードル低かったですか? それとも思ったよりしんどいですか?

たったこれだけのアプリを使いこなすのに、最低でも30は動画を作る必要があるでしょう。そして、やっているうちに慣れてきて、もっと上を目指したくなるでしょう。

その時に、はじめてネット検索でいろんなものに目を通してください。なにがなんだかわからなかった最初のころとは全然違う感想を持てるはずです。

まとめ


ここで紹介したアプリが正解というわけではありません。私が現に使っているというだけのことです。

信じるか信じないかは、あなたしだい。

さて、動画を作る準備は整いましたか? ではさっそく、動画作りを開始しましょう。「動画を撮るその前に」に進んでください。

クリックお願いします!

人気ブログランキング