スポンサーリンク

初心者YouTuberが一つ目の動画をアップしたらやること

動画投稿のススメ

とりあえず動画をアップしましょう


前回は「動画を撮るその前に」で、動画を撮る前に考えておくべきことを述べました。もしまだご覧いただけていなければ、ぜひご一読ください。

今回は、一つ目の動画を無事アップすることができた時の話をします。

一本目はベストではない


一つ目の動画、ようやくアップできてよかったですね。お疲れさまでした。

動画はうまく撮れましたか?

編集はうまくできましたか?

タイトルやサムネイルはイケてますか?

もし、今の段階で気付いたことがあるようでしたら、動画を一端削除してでも修正しましょう。

再生回数が数回上がっていたとしても、目をつむってください。

ここでは、面の皮も厚く、堂々とやり直しができる根性が必要です。

第一作があなたのベストではありません。必ず、今後もっと腕を上げて、もっといい作品が生まれます。動画を作り続ける以上、それは絶対です。

だから、安心して1つ目の動画をやり直してください。

何度やりなおしてもかまいませんが、私のおすすめは1本目を完璧にやり直すよりは、その労力を2本目に向けることです。次々にあたなの作品を世に送り出しましょう。

大丈夫、再生されなくて当たり前です


せっかく一本目の動画をアップしましたが、どうでしょうか? 再生されていますか?

ご安心ください。誰でも最初はこれです。チャンネル登録者数が一桁の時、ほとんど再生されないのが普通です。

チャンネル登録者が二桁になったからといって、まだまだ再生回数は増えません。それも普通です。

私も、今でこそチャンネルの一日の再生回数が1000回を超える日もありますが、ここまで来るのにはそれなりに時間がかかりました。

これだけ動画をアップする人が増えてしまった今、他人の時間を自分の動画で消費させる、という行為がいかに難しいかということを初心者YouTuberは思い知ることになります。

自分でできることをやる


その壁を破るのは、ほとんどの場合、自分の努力です。よっぽど最初から知名度のある人や、よっぽで企画力のある人でもない限り、視聴者を1人また1人と増やしていくしかありません。

ではその努力の方法を考えましょう。

1.SNS

SNSは自分のチャンネルを知ってもらうのにとても役に立つツールです。

私は特にツイッターをおすすめしています。同じ趣味を持つ仲間を素早く見つけることができますし、その同好の士に自分の動画を知らせることも比較的簡単です。専用アカウントを作ることで身バレしないという点も、人によっては好都合です。

ただし、これもチャンネル登録者数と同じで、フォロワー数千人規模のアカウントを数日で作ることはできません。また、自分の宣伝ばかりしている人の事を大事にする人はいません。アカウントを日々育てるという気概が必要です。

2.終了画面

視聴者の人に何をして欲しいかを直接訴えかけることができるのが終了画面です。

高評価して欲しい、コメントを書いて欲しい、チャンネル登録して欲しい、とあなたの言葉で訴えてください。動画が面白ければ、視聴者はそれなりの行動をとってくれます。

3.コメント欄

動画のコメント欄が盛り上がっている動画はいい動画だと思われます。

最初のうちは、コメントが付いたら確実に返信した方がいいでしょう。視聴者との交流が持てれば、ファンの獲得につながるはずです。もちろん高評価やハートマークも積極的につけてください。

4.ブログ

少しハードルがあがるかもしれませんが、ブログをはじめてみるというのも一つの手です。

動画が軌道に乗ってからという考え方もありますが、本気でやるなら最初からブログに手をつけておくというのもありだと思います。

動画についての情報や専門分野についての知識をブログに役立てるといいでしょう。

動画の集客と合わせてブログの集客も進めていく必要があり、一人で毎日更新するのは結構な作業量だと思います。

それでも、ゆくゆくは「動画×ブログ」がとても大きな力になる可能性があります。

5.人対人

自分の動画を見てもらえるための最後の力はあなたの人力です。

あなたがこれまで出会ったすべての人に自分の動画の魅力を伝えることができたのなら、たとえあなたと話を合わせるためだけだったとしても動画を見てもらえる可能性があります。

入り口さえ作ってあげれば、あとはあなたの動画の面白さが、その人たちをファンに導いてくれるでしょう。これは身バレと、絶対的な動画への自信が必要ですが、やれるならやってみてもいいのではないでしょうか。

「必ず見るよ」と言ってくれる人を一人つくることが、未来の大きな可能性につながるかもしれません。

まとめ


一つ目の動画アップ、おめでとうございました。ここまでこぎつけたことをひとまず喜びましょう。

あとは、反復です。何度も何度も動画を撮影し、編集し、アップしてください。

それは、たった数回の再生回数が、こんなにもYouTuberの心を揺さぶるのか、ということを実感する日々でしょう。

たった数回の再生回数をとにかく積み上げていってください。

超有名YouTuberだって、最初はチャンネル登録者数は一桁とか二桁だったはずです。

あなたの動画にも必ず、応援してくれる人が現れるはずです。そんな人がたくさん現れるまで、自分でできる努力はしてください。努力する人を応援するのは、人の情というものです。

私は応援しています。頑張りましょう。

次は「初心者YouTuberが投稿数10本で考えること」です。

クリックお願いします!

人気ブログランキング